■眼底部OCT SS-1000 CASIA

●組織深達度の高い波長1310nmの光源を使用することで、角膜混濁眼でも前房や隅角を観察することが可能です。
●眼に接触することのない非侵襲性の検査ですので、手術直後でも安心して撮影することができます。
●一度の撮影で前房内全周の撮影ができ、撮影後観察したい部位の断層像をデータから自由に呼び出せます。
●角膜形状解析・隅角解析や定量測定などのアプリケーションは、診療の多彩なシーンに活用できます。

白内障や緑内障などの眼前部が混濁した患者さんの目でも検査が可能になりました。
この機器は、眼に直接接触することのない非侵襲性の検査機器です。
このため、手術直後でも安心して前眼部の撮影を行なうことができ、術後の経過観測が安全に行なえます。
CASIA


■ヘススクリーン

眼筋の運動制限、遅動、過動を測定する為の器械。
赤緑フィルタにより、両眼の融像を分離し、各注視方向において眼位ずれを測定します。
KS-W1


■RS-3000 OCT

緑内障/網膜の各種診断が行える最新の光干渉断層計です。
網膜のどこに・どれくらいの病変があるのかを正確に把握するため、網膜を平面的に見たり、断面図を見たり、立体的に見たりします。
緑内障などの進行度合いや部位などの正確に判定できます。
RS-3000


■GDX

網膜神経線維層を定量的・客観的に測定し解析するための器械。
人種、年齢毎の正常眼データとの比較を行い、視神経の形態的変化を解析することによって、自覚検査による視野が欠損する前に現れる 網膜繊維層の変化を解析します。これにより緑内障の早期発見、正確な診断の為に有用になります。
gdx


■ウェーブフロント NR-1W

細かな光の屈折のズレを解析する機器で、眼球表面の形状を解析します。
これを元に、近視・遠視・乱視以外の屈折異常などの、高次収差(不正乱視)の測定が行なえ、 患者様の見えている像をシミュレーションすることが可能になります。
ウェーブフロントレーシック手術する際に、前もってウェーブフロントアナライザーを使うことで、 角膜や水晶体のひずみのデータを正確に取り、 そのデータを元に、 エキシマレーザー調整し照射することで、今までよりも正確で細かい角膜矯正が行なえます。
これにより、通常のレーシックでは不可能だった乱視や不正乱視の矯正も可能になりました。
また同じ視力であっても、物がよりクリアに見えるという効果も期待ができるようになります。
AS-7JS1


■テクニストーリックオプティブルー

テクニストーリックオプティブルーは AMO IOLカルキュレーターを使用することで、白内障手術後の角膜乱視を推定し最適な眼内レンズの配置場所を設定します。

小切開白内障手術であっても起こる惹起乱視や角膜に存在するといわれている角膜後面乱視に対して、最適に眼内レンズを配置する場所を予測するAMO IOLカルキュレータと、テクニストーリックオプティブルーを使用することで、白内障手術後の乱視を抑えることが可能になります。
Toric Express Calculator


■センチュリオン・ビジョン・システム

次世代型白内障手術装置
白内障の手術中に変化する灌流圧を自動的かつ継続的にモニタリングする業界初のシステムを搭載し、眼内圧の変動による術中のリスクを低減させることで手術の安定性と効率性が確保されます。

また、水晶体処理効率を向上させることにより切開創付近の摩擦による温度上昇を抑え、創口熱傷の発生リスクも低減します。
センチュリオン


■眼底カメラ コーワVX-10

散瞳・無散瞳の2役を1台で果たす眼底検査用カメラ。
眼底検査では、瞳孔を通して眼底を照明し撮影し、血管の走行などから疾患を診断が可能です。
眼病や生活習慣病(高血圧・糖尿病・脳梗塞・高脂血症)などに起因する眼底部の画像によりそれらの合併症が判断できます。

◆内蔵CCDカメラによるICG動画出力標準装備
◆撮影モードに合った適正露光の簡単設定
◆専用140万画素白黒CCDカメラ対応で、高精細ICG静止画撮影が可能
◆散瞳モード撮影画角は50°/30°の光学2変倍
VX-10


■ハンフリーフィールドアナライザー HFAV

緑内障の診断や経過観察に威力を発揮する静的視野計です。
最新ソフトウェアを装備して早期緑内障の視野障害を検出します。
HFA III


■ビズラス 532S

カールツァイス ビズラス532Sは、糖尿病網膜症をはじめとする網膜疾患、後発白内障、緑内障等に対する幅広いレーザー治療が可能です。

・定評あるツァイスレーザー専用スリットランプ
・照明ロスのない同軸デリバリーシステム
・中間透光体に安全なParFocusシステム

◆優れた操作性
タッチ&ダイアルのコントロールパネル
細部への照射を容易にするマイクロマニュピレータ

◆小型軽量のレーザーコンソール
省スペース、手術室でのエンドレーザーとして有効

◆ダイオードオンデマンド
照射の立ち上がりより安定した出力
レーザー照射時のみ作動により、ダイオードが長寿命

◆システム構成
同軸レーザースリットランプ
タッチ&ダイアル式のコントロールパネル
取り外し可能なコンパクトレーザーコンソール
visulas_532s


■スペキュラーマイクロスコープ EM-3000advance

■タッチアライメントでカンタン撮影
画面に表示される瞳孔の中心に触れるだけで中心合わせができます。
その後画面の中心を軽く押して、ヘッド部を被検眼に近づければ、オートアライメント・オートショットによりすぐ撮影が完了します。

■連続撮影により撮影エラーを減少
一回の撮影で自動的に15枚の連続撮影を行うことにより、撮影エラーが減りました。
さらにその中から最も撮影画質の良い画像が自動で選択表示されます。
EM-3000


■オプトス パノラミックオフサルモスコープ デイトナ

■撮影は一回、0.4秒で完了。患者様の負担や苦痛を軽減します。

■一回の撮影で画角200°の範囲を撮影しますので、従来の検査機器では観察困難な眼底周辺部の病変も見逃さずにとらえることができます。

■赤色レーザー光は脈絡膜層で、緑色レーザー光は網膜層で反射されるため、それぞれの画像を確認することで病変の部位を特定できます。

■赤色レーザー光、緑色レーザー光それぞれで取得した画像と、それらを合成した疑似カラー画像を個別に表示できます。
オプトス パノラミックオフサルモスコープ デイトナ


■ナイツ アノマロスコープOT−U

色覚異常を診断するための検査機で、色覚検査表で分類、程度判定の困難な色覚異常を診断できる精密光学器機です。
OT−U


■電動式深視力計 コーワ AS-7JS1

深視力を測定するための機器です。
OT−U